本文へ移動

お知らせと新着情報

抗原検査キットを活用した積極的検査について
2022-04-18
 桜も一斉に花開き温かい日が続くようになった今日この頃、保護者の皆様におかれましては、いつも本園へのご理解とご協力に感謝申し上げます。
 さて、青森県では昨今の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、無症状感染者を積極的に把握することで保育所等における感染拡大防止を図ることを目的に保育所等の利用児童及び職員に対して、いわゆる「積極的検査」の実施を求められているところです。
本園でも、当該検査を実施しようと、先日、県から市町村経由で示された参考例をもとに保護者の皆様から同意をいただく文書をお渡しし、おおむね同意を得たところです。
 しかし、実際に実施する時、乳幼児自ら鼻腔ぬぐいができるわけもなく危険であること、くしゃみで飛沫が飛散するなど感染リスクが高まる可能性があること、一時的な検査をしても感染拡大防止の根拠とはなり得ないことが考えられます。
 また、所轄保健所の理解・協力が得られず、万一陽性が判明しても適切な対応を得られない可能性があることも懸念されます。
 さらに、保護者がお出迎えの際に検体を採取することも検討いたしましたが、保険・安全・プライバシーの保護の観点から難しいと判断しました。
 そこで、道仏保育園では、人的・物的環境が整わず安全性が十分に確保できないことやそもそも乳幼児が検体を接種すること自体が無理であると判断し、園児を対象とした検査の実施を取りやめることとしました。せっかく同意書を提出いただいたのに申し訳ありません。
 現在の情勢を鑑みてご容赦いただければ幸いです。ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。
0
0
5
7
7
3
社会福祉法人無量会 道仏保育園
TOPへ戻る