本文へ移動

ブログ

ブログ

ポプラの伐採

2021-09-25
 9月25日、中が空洞化して倒壊の危険があるためポプラの木を伐採しました。
 まず、木を切る前に御神酒を撒いて拝みます。保育園を長い間見守ってくれたことに感謝するのだそうです。
 次に、細かい枝を切り払います。そして、全体の上半分をチェーンソーで切ります。切るときには太いロープを掛け、直ぐに落ちていかないよう安全に注意して切込みを入れていきます。その後、クレーンで持ち上げてトラックに積み込みます。
 同じ作業を下半分でもやりました。最後には切り株だけが残っています。切った面は一見すると全部埋まっているように見えましたが、実は中が腐っているので直径15cm程の穴がポッカリと空きました。造園屋さんによれば、生きていたのは断面積の端直径10cm位の所だけで他はほとんど腐っているとのことでした。強い風が吹いたら倒れてきて子どもに当たったかもしれないとのことです。早めに手を打ってよかったと思いました。
0
0
3
1
4
0
社会福祉法人無量会 道仏保育園
TOPへ戻る